自分らしいライフスタイルに寄り添うコミュニティ拠点——「かみす防災アリーナ」の知っておきたい8つの魅力

タグ: , , ,

モノ

「もしも」のときも、「いつも」のところへ

広々とした神栖中央公園の一角に位置する、かみす防災アリーナ。

災害時には1万人が収容できる防災拠点施設でありながら、普段はスポーツ・文化複合施設として多くの人に親しまれています。

日常的に集い、憩い、賑わう「いつものところ」になるようデザインされており、様々なライフスタイルに対応可能な活動拠点となっています。

今回は、「いつも」のかみす防災アリーナについて、その魅力と利用のポイントについて紹介します。

 

コミュニケーションコリドー|光さしこむ全長170mの自由空間

 

お気に入りの椅子

お気に入りの景色

心地よく過ごせる

“サードプレイス(第3の居場所)”

コミュニケーションコリドー1
コミュニケーションコリドー2
スポーツと文化が交錯するコミュニケーションコリドー。それぞれの様子を垣間見ることで、新たな出会いと交流が生まれます。そしてここは公園を眺める特等席。遊び疲れたらちょっとひと休みしませんか。夜は照明が灯り落ち着いた雰囲気に。

MEMO
ここにある家具は利便性と遊び心を両立させたオリジナルデザイン。状況に応じてアレンジでき、日常でも、災害時でも、あらゆる空間をつくることができます。
活用例やデザインのコンセプトは「かみす防災アリーナ|家具デザイン – 岩沢兄弟」で詳しく紹介されています。

 

デザイン|美しいグラフィックウォール 機能的なピクトグラム

 

太平洋に昇る朝日

どこまでも広い空と海

巨大なウォールに描かれた

「光」と「水」のグラフィック

ホール側の赤と、メインアリーナ側の青。壁一面のグラフィックは、「光」と「水」の文字を模したピクセルで構成されています。また、オリジナルのピクトグラムで表示されているサインは、機能的で洗練されたデザイン。館内を巡っていろいろなサインを探してみてください。

 

トレーニング室|充実したマシンが並ぶ明るく開放的なジム

 

一日の始めにトレーニング

ランチ食べたらトレーニング

仕事帰りにトレーニング

そしてゆっくりお風呂に入る

トレーニング室1
トレーニング室2
清潔なトレーニング室は感染症対策もばっちり。スタッフも常駐しているので初めての方でも安心です。窓の向こうには開放的な公園の風景、気持ちよくトレーニングを楽しんでください。トレーニングで汗をかいたら、温浴施設でスッキリするのもおすすめ。

MEMO
トレーニング室+温浴施設
◆利用時間
9:00~21:00 ※受付20:00迄
◆利用料金 ※2時間/1回
一般550円(市外660円)
プール・トレーニング室が無制限で利用できるお得な月額定期もあります。
個人利用について

 

プール|スイミングもウォーキングも自分のペースで健康づくり

 

窓から見下ろした水面が

きらきらと光っていた

始めるきっかけは

そのくらいでもいいのかも

プール1
プール2
競泳用25mプールと幼児向けプールがあり、競泳用プールは遊泳コース・歩行コースに分かれています。小学4年生から大人の同伴無しで利用OK。見学ラウンジや2階の観覧席から見守ることもできるので安心です。水泳教室やアクアビクスといった定期教室も充実しています。

MEMO
プール+温浴施設
◆利用時間
9:00~21:00 ※受付20:00迄
◆利用料金 ※2時間/1回
一般550円(市外660円)
小・中学生270円(市外330円)
プール・トレーニング室が無制限で利用できるお得な月額定期もあります。
個人利用について

 

MEMO
定期教室は3期(1月~4月、5月~8月、9月~12月)に分けて参加者を募集。申込者が定員を超える場合は抽選。市外の方もお申し込みいただけますが、抽選の場合は神栖市在住の方が優先となります。
スクール(教室利用)について

 

スタジオ|豊富なレッスンをリーズナブルに

 

いつもの場所

いつもの時間

いつものレッスンで

わたしのココロとカラダを整える

スタジオレッスン1
スタジオレッスン2
ヨガやピラティス、ZUMBAといったスタジオレッスンが豊富。運動の習慣づけにもおすすめです。キッズ&ジュニア向けにはバレエやダンス、体操教室など。鉄棒・跳び箱が得意になれる教室も人気。あなたの「やってみたい」を見つかるはず。

MEMO
定期教室は3期(1月~4月、5月~8月、9月~12月)に分けて参加者を募集。申込者が定員を超える場合は抽選。市外の方も申し込むことができますが、抽選の場合は市内在住の方が優先となります。
スクール(教室利用)について

 

アリーナ|プロの公式戦から気軽に楽しむスポーツまで

 

バスケットボール、卓球

バレーボール、バドミントン

観戦するのも楽しいけど

スポーツするのはもっと楽しい

メインアリーナ1
サブアリーナ1
メインアリーナはバスケットボールなら3面、バドミントンなら12面の広さ。観覧席も2,500席あり、プロバスケのトップリーグ「B.LEAGUE」の公式戦も行われています。また、サブアリーナの個人開放では、卓球やバドミントンなどの用具も貸出しています。家族や友達と一緒に、気軽にスポーツを楽しめます。

MEMO
アリーナ関連施設を貸切で利用するには事前に団体登録が必要。市内団体は4ヶ月前の1日、市外団体が3ヶ月前の1日から利用予約が可能です。
団体貸切利用について

 

MEMO
サブアリーナ個人利用料金 ※3時間
一般330円(市外390円)
小・中学生160円(市外190円)
サブアリーナ個人開放は3時間毎に利用区分されています。当日窓口受付のみで、事前予約・電話予約は承っておりません。
個人利用について
個人開放予定表は毎月20日以降にホームページにて更新されます。
個人開放予定表

 

音楽ホール|音響と使いやすさにこだわった表現の場

 

息づかいが伝わる

観客の笑顔が見える

ちょうどいい大きさだから

使い勝手もちょうどいい

音楽ホール1
音楽ホール2
木のぬくもりを感じる音楽ホール。小規模なホールながら、14mの天井高や壁面の木パネルなど音響設計にもこだわっています。ピアノやダンスの発表会、講演会や式典など、多岐にわたって利用されています。

MEMO
舞台の広さ約290m²、観覧席301席、車イス4席。舞台裏には控室(大)・控室(中)・特別室・和室があり、リハーサル室として利用できる研修室は通路で繋がっています。
ホールの利用には事前に団体登録が必要。市内・市外団体共に6ヶ月前の1日から利用予約が可能です。
団体貸切利用について

 

会議室や多目的ルーム|大切な会議や仲間とのサークル活動に

 

仲間と一緒に

ワークショップや小さな演奏会

セミオープンな空間で

“楽しい”が生まれる

会議室
和室
会議や講習会などに利用できる会議室や多目的ルーム。カーテンを開ければ、明るく開放的な空間でよりクリエイティブな会議ができそう。半オープンな空間にすることで、サークルなどの活動アピールにもつながりますね。見せる・見せない、どちらでも使いやすいスペースです。

MEMO
・大会議室(約90席)・中会議室(約40席)
・小会議室(約10席)・和室(約6畳)
・多目的ルーム ・研修室(リハーサル室)
これらの施設の利用には事前に団体登録が必要。詳しくは団体貸切利用についてご確認ください。
団体貸切利用について

 

「もしも」のときも、「いつも」のところへ。

トレーニング室に通う方、館内を探検する子どもたち、一人でゆっくり本を読む人。

まるでわが家のリビングのように、思いのままに過ごせる場所。

日が暮れて照明が灯ると、ガラスウォールから漏れる明かりが夜の公園を見守ります。

かみす防災アリーナ

住所   茨城県神栖市木崎1219-7
電話   0299-77-5400
開館時間 9:00〜21:00
窓口受付 9:00〜20:00
休館日  火曜日
駐車場  470台
駐輪場  自転車約100台、バイク約40台
ホームページ kamisu-arena.com

関連記事

最近の記事

  1. 一度は食べてみたい!新たな地域特産品が5品認定!

  2. “神栖のピーマン”を日本の心を歌う伝統音楽「演歌」で表現!その制作秘話は?

  3. スマホで見る、いつもと違った「広報かみす」

新着 オススメ
  1. 一度は食べてみたい!新たな地域特産品が5品認定!

  2. “神栖のピーマン”を日本の心を歌う伝統音楽「演歌」で表現!その制作秘話は?

  3. スマホで見る、いつもと違った「広報かみす」

  4. この週末はどこへ行く?子供も大人も楽しめる!神栖市のおすすめ公園4選

  5. 全国高校サッカーで優勝し、24年ぶりの3冠を達成!青森山田GK沼田晃季さんが表敬訪問

  6. 自分らしいライフスタイルに寄り添うコミュニティ拠点——「かみす防災アリーナ」の知っておきたい8つの魅力

  1. この週末はどこへ行く?子供も大人も楽しめる!神栖市のおすすめ公園4選

  2. 自分らしいライフスタイルに寄り添うコミュニティ拠点——「かみす防災アリーナ」の知っておきたい8つの魅力

  3. 関東屈指のパワースポット東国三社のひとつ「息栖神社」

  4. 子どもが喜んで食べる”かみすのピーマン”の裏側!日本一へのストーリー

  5. 神栖市に駅?地元でもあまり知られていない「神栖駅」

  6. 今までも、これからも愛される神栖のシンボル——市民なら知っておきたい神之池の歴史

TOP