3年ぶりの海岸清掃!ビーチクリーンで、海を楽しみながら“かみす”を考える

タグ: ,

コト

未来へつなごう 神栖の海岸

2022年6月25日(土曜日) 日川浜海水浴場で2022海岸清掃が行われ、市内外からおよそ1600人が参加しビーチクリーンを行いました。

昨年、一昨年と開催できなかった海岸清掃、今回は3年ぶりの実施となりました。梅雨時期とは思えぬ連日の猛暑、この日も朝から気温が上がります。海風が吹いているとはいえ日差しも強く、真夏を思わせるような暑さです。

神栖市海岸清掃実行委員長の鈴木一史さんと石田市長の挨拶とともにビーチクリーン開始。

実行委員長挨拶
市長挨拶

しかお
鹿島アントラーズマスコットキャラクター「しかお」も応援に駆け付けてくれました。

この活動は、<日川浜から波崎漁港までの約20キロメートルの白砂青松を大切な財産として将来に引き継ぎたい>をテーマに、市民有志による実行委員会で企画・実施しています。
企業や一般市民へ参加を呼びかけ、日川浜海水浴場のおよそ1キロメートルの範囲を海開きを前に清掃します。

参加されている方は、友達や家族、職場の仲間など様々です。
みなさんどのような思いで参加されたのでしょうか?

海岸清掃参加者
50代男性 矢田部地区在住
海岸清掃には毎年参加しています。コロナで出来ない年が続いたけど、その割にはそれほどゴミも多くなく汚れていない印象かな。
最近は、家の近くの海岸でよく孫と一緒に遊んでいます。
30代男性とそのお子さん 知手地区在住
今まで参加したいと思っていたけど休みが合わず、今回ようやく子どもと一緒に参加することができました。
学生の頃、よくサッカー部でこの砂浜を走っていましたね。神栖はサッカー遠征の聖地なだけあって、フットサル場が多く安く利用できるのが嬉しいです。
海岸清掃参加者
海岸清掃参加者
旭市在住のご家族 
サーフィン目的でよく神栖の海に来ます。水がきれいで波も良いですね。
コロナ前までは月1くらいでサーフィンの仲間たちと砂浜でゴミ拾いをしていました。今回、大人数で海岸清掃したことで、細かいプラスチックごみなども回収出来てよかったと思います。
知手地区在住の20代女性と最近神栖に引っ越してきた10代女性
会社での募集があり、入社1年目の後輩を誘って参加しました。
大きなゴミはないけど、砂浜を歩くと小さなゴミが目につきますね。アイスクリーム容器のゴミを見つけて、海に来て食べてポイ捨てする人がいるんだなと思いました。
海岸清掃参加者
海岸清掃参加者
30代男性 知手在住
海岸清掃実行委員(神栖市商工会青年部)

今年はゴミが比較的少ないようですが、他団体やサーフィンをされている方が自主的に海岸をきれいにしてくれているおかげだと思います。
家から海まで車で5分ほどなので、小さい頃は夏といえば毎年この海で遊んでいました。
プロサーファー・高梨直人 土合地区在住
サーフィンをやっているので海の恩恵を受けている“感謝の気持ち”から参加しようと思いました。
ビーチは自然に汚れることはなく、人間の生活のなかで出てきたゴミによるものが殆ど。ビーチクリーンは人間が責任をもって続けていく課題だと思います。
海岸清掃参加者

偶然、プロサーファーとして活躍されている高梨直人さんを見つけ、お話を伺うことができました。

「神栖の海は何といっても広い砂浜が魅力。水が青くてきれいな上に、あらゆるコンディションで練習ができる、サーフィンにとても適した場所です。砂浜なので安全面も高く、初心者から上級者まで幅広い層で楽しめるビーチだと思います。」

「神栖は地域の人たちも優しい。住みやすいし、環境も自分がやりたいことに対して協力的で、スポーツにも力を入れている。本当に良いところなので、みなさんサーフィンを楽しみにきてください!」

参加されている方には神栖の海でサーフィンを楽しまれる方も多く、今回の海岸清掃以外でもビーチクリーンを行っているという話を多く聞きました。

参考:実は神栖市はサーフスポットとしても有名。「サーフィンの隠れた聖地?神栖がサーフィンに適している理由」でサーフィンをやるうえでの神栖の魅力などを説明をしています。
また、そんな神栖市から輩出されたトッププロサーファーの高梨さんには「特別インタビュー|プロサーファー高梨直人さん」でサーフィンの魅力などについて語っていただいています。

美しい海と砂浜は神栖の魅力の一つ。日ごろから砂浜をきれいに保つ心がけが大切なのだと、あらためて感じます。

 

最後に神栖市生活環境部 廃棄物対策課の寺島課長補佐にお話を伺いました。

海岸清掃実行委員

「海岸清掃は今回で15年目。途中、震災やコロナ、悪天候で開催できない年もありましたが、西部コンビナート・東部コンビナートの有志のみなさん、一般市民のみなさんなど、毎回2000人~2500人くらいの方が参加してくださっています。」

「近年、海洋プラスチック汚染が問題になっています。海岸清掃をしてみても、やはりペットボトルやプラスチックごみが多いように感じます。珍しいものだと、漁業関係の浮き輪や漁網なども過去にはありました。」

海岸清掃回収ゴミ

「今回の清掃活動で、2030㎏のゴミを回収することができました。多くの方にご参加いただき、またコロナ対策にご協力いただきありがとうございました。」

「9月には各地区の美化活動を行う『クリーンかみすの日』がありますので、まちの清掃にもご協力をお願いします。」

海岸清掃

2022年は7月16日(土曜日)~8月21日(日曜日) の期間、日川浜海水浴場と波崎海水浴場が開設されます。

広大な砂浜と立ち並ぶ風車。きれいな海で安全に、夏のレジャーを楽しみましょう。

関連記事

最近の記事

  1. 快水浴場百選に選ばれた美しい海も!神栖の2大ビーチをライフセーバーが徹底解説!

  2. 自転車と食で神栖を楽しむ——ライドイート神栖

  3. 3年ぶりの海岸清掃!ビーチクリーンで、海を楽しみながら“かみす”を考える

新着 オススメ
  1. 快水浴場百選に選ばれた美しい海も!神栖の2大ビーチをライフセーバーが徹底解説!

  2. 自転車と食で神栖を楽しむ——ライドイート神栖

  3. 3年ぶりの海岸清掃!ビーチクリーンで、海を楽しみながら“かみす”を考える

  4. ピーマン料理の特別サイトを公開

  5. 一度は食べてみたい!新たな地域特産品が5品認定!

  6. “神栖のピーマン”を日本の心を歌う伝統音楽「演歌」で表現!その制作秘話は?

  1. 自転車と食で神栖を楽しむ——ライドイート神栖

  2. 3年ぶりの海岸清掃!ビーチクリーンで、海を楽しみながら“かみす”を考える

  3. ピーマン料理の特別サイトを公開

  4. この週末はどこへ行く?子供も大人も楽しめる!神栖市のおすすめ公園4選

  5. 自分らしいライフスタイルに寄り添うコミュニティ拠点——「かみす防災アリーナ」の知っておきたい8つの魅力

  6. 関東屈指のパワースポット東国三社のひとつ「息栖神社」

TOP